素材のご紹介


当社の首枕の中綿には写真の様なウール綿が使われています。

【粒状ウール綿】

 当社の首枕のカセット部分には丸めた粒状ウールわたが入っています。

 この素材を用いることで「芯のある柔らかさ」を表現できました。
 
 トップ部には同種ウールのスケールを取ったものが使用されています。

 この事で洗濯機でも洗える事ができるようになりました(中性洗剤使用)


ウールだから、夏には熱くないですか・・・?と質問されます。

ご覧のように、空気を含んだ粒状になっていますから、意外と汗を吸収してくれます。

そうすると、その水分が空気中に蒸発する時に「気化熱」を発します。

乾燥するときには温度が下がります。

それから、重要なことは首を支える枕なので、神経や血管を温めます。





【シルク・綿の生地】

使用生地は「柔らかければ柔らかいほど副交感神経の活動を活発化する」と言われています。

よい睡眠を得るために枕カバーをタテ糸シルク、ヨコ糸綿を使いオリジナル繻子織にしました。

綿糸は機能面ではシルクの保水量をカバーして睡眠中の汗を素早く取り込みます。


当社のオリジナル生地を枕カバーに使用しました。

生地の加工も当社オリジナルの「超ソフト加工」を施しました。

シルクの柔らかさを味わってください。