「座・布団」 J2ZOOモデル

「座・布団」zooモデル 誕生秘話
 
J1モデルは布団カバーに収まるタイプにしましたが、高い部品を使わなくてはならぬために、この手の他商品と比べると高くなりました。
そこで、その部品を使わないで出来ないかと考えてプロトタイプの試作をしました。
思うようなものが出来ましたが、送気球と管が邪魔でした。
何とかならないかと考えていますと、TVから栃木の農産物として、「とちおとめ」、「スカイベリー」というイチゴの生産高が第一位とありました。

そんな訳で、送気球と管をイチゴにしてみました。
あとは、シッポのあるものが浮かびました。
そこで、「シッポ」⇒「動物」⇒「ZOO」となった訳です。

J2 ZOOモデル バリエーション

カバ―+クッション

クッションに使用したウエーブメッシュとカバーを一体化しました。






本体

2個の空気袋が送気球とつながっています。
空気の出し入れは送気球を押してください。
金属弁は右に回して締めてください。この状態で充てんは可能です。
空気を抜くときは弁を左に回してください

このまま、携帯できます。ご旅行や観劇等にお使いください。


BACK